ぺニス増大手術の費用相場について~費用を抑えるポイントも解説します!

ペニスの大きさに不満を感じているなら、ぺニス増大手術を受けることでコンプレックスを解消できます。
ぺニス増大手術は美容整形外科で受けることが可能です。
ただし、たくさんの増大手術の選択肢がありますし、利用するクリニックによっても費用が異なります。
保険適用外となるため、高額な費用が必要です。
相場もわかりにくいので、予め情報として仕入れておかないとなかなか選ぶことができないでしょう。
そのため、ぺニス増大手術を行う場合の検討に役立つ情報は、検討するにあたって仕入れておいた方が無難です。
そして、後悔しない請託をして下さい。

治療方法によっても費用は異なる

ぺニス増大の費用は、クリニックによって大きく異なる要因です。
ヒアルロン酸を注入する方法の場合でも、具体的に注入するヒアルロン酸の種類やその量で大きく異なってきます。
ただし、いろいろと見ていると相場間は見えてくるので、このくらいなら妥当と思える範囲が見つかるでしょう。
自分の経済状況も加味して、治療方法と費用のバランスが良いと感じるところなら良い選択と言えます。
薬剤を注入する方法の場合は、10万円から30万円ほどで、薬剤のグレードが上がると高くなっていくことが多いです。
クリニックの料金表の所を見ると、具体的に書かれていることがあります。
薬剤の値段が高い方が効果が持続しやすかったりすることがあります。
これは、シリコン等を入れる方法と比べると安くなりますが、効果は一定程度持続するものの永遠ではありません。
ヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されてしまうので、個人差はありますが半年から一年程度で消滅します。
その代わり、もともと体内にある物質であるため、アレルギー反応や副作用の心配がないといったメリットがあるので、そちらのメリットを重視したいという方には適しているぺニス増大方法となります。

包茎手術などとセットでお得になることも

ぺニス増大の費用を抑えたい方は、別の治療とセットで受けることも視野に入れると良いでしょう。
例えば、クリニックによっては包茎手術など別の治療と一緒にぺニス増大手術を行うと、割引されることがあります。
確かに総合すれば他の手術の費用も負担することになるので、ぺニス増大を単体で受ける場合の総額よりも高くなります。
しかし、別の手術も単体で受けてそれと合計した場合と比べれば、セットで受けた方が安いです。
しかも、一度の手術ですべてを完了させるので、その都度治療する手間を省くことができます。
あくまで他の治療も検討している方向けの安くする方法ですが、考えていたという方は合わせて利用すると良いです。
クリニックによってはキャンペーン等で大幅に安くしていることもあります。
これは治療の質を落とすことなく安い値段での手術ができるので、これも利用できれば活用すると良いでしょう。
クリニックはホームページで多くの情報を提供しており、料金に関する情報は治療情報とともに掲載されているのが一般的です。
したがって、検討する時には誰しも簡単に参照することができるので、活用してクリニックを検討することをおすすめします。

シリコンリングやボールなどは高額になりがち

薬剤の注入と違って、シリコンボールやシリコンリングなどを陰茎に入れて増大する方法は、手術の費用が高くなる傾向にあります。
こちらも正確にはそれぞれのクリニックで大きく差が生じますが、ある程度太さを出す場合は30万円から50万円程度かかることが多くなります。
こちらは確かに費用はかさみますが、シリコンは体内に吸収されることがないため、薬剤の注入と違って効果は永続的です。
そのため、長い目で見てこちらの方が良いと感じるなら、シリコンを選択するのもありでしょう。
ただし、シリコンは遺物であるため、信頼のおけるクリニックでの施術を受けないと見た目が悪くなったり後遺症が生じたりしてしまいます。
こうしたときにアフターフォローがないところだと、修正などに追加費用が発生します。
逆にアフターフォローがしっかりしているところであれば、修正が必要になったときには追加コストがかかりません。
やはり、高額で体にメスを入れる治療となるので、術後のサポートも責任をもって行ってくれるクリニックの方が安心です。
サポートが充実しているところは、いつでも相談や再診を受けられるような体制を設けているので、とても助かります。

まとめ

ぺニス増大手術はいろんなクリニックで行っていますが、それぞれ異なる方式を用いていたり費用が異なったりします。
また、信頼性やアフターフォローの充実度なども異なる部分です。
大切な部分に対する手術となるので、それぞれの治療方法のメリットやデメリットを比較し、相場も加味しながら決めるようにすると良いでしょう。
単に安いからという理由で選ぶと、不満を感じる原因になります。
したがって、確かに費用も重要な要素となるものの、それだけで決めることはせず、総合的に信頼性が高くここなら任せられるというところを見つけてください。